10年6月30日(水) W杯決勝トーナメント

 昨夜11時にキックオフされ、翌未明まで繰り広げられた、ワールドカップ決勝トーナメント「日本・パラグアイ戦」はまさに激闘だった。


 PK戦を制して心から歓喜するパラグアイ選手、一様に目に光るものを浮かべた日本選手。その表情こそ異なったものの、この120分とPK戦に死力を尽くし、世界の人々を感動させた両国選手達の雄姿には何の違いもない。


 両国の選手達が、この激闘の1シーン1シーンを忘れる事は生涯ないだろうし、観戦していた人々もこの勇者の戦いを決して忘れる事はないだろう。
 勝敗を超えたすばらしい戦いだった。


 2010年W杯の戦いを通じて、全ての日本人に他に代え難い感動と勇気を与えてくれた、同時に世界に対しては日本人の素晴らしさと誇りを示してくれた、岡田ジャパンの選手と関係の皆さんに心からの感謝と拍手を贈りたい。


 全員が胸を張って、そして無事に帰国してもらいたい。

 その日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

三浦一水 六つの公約
リーフレットPDFダウンロード[1,213kb]

携帯QRコード

ほっとらいん 後援会報バックナンバー

ご意見・お問合せ

calender

2019年9月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

archives

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン