09年8月16日(日) 山鹿灯籠まつり

 今から約1500年前、第12代景行天皇が九州巡幸の折に山鹿の地を訪れました。
 その際、辺り一面に濃霧が立ちこめていたため、住民がたいまつを持ってお迎えし、現在の大宮神社にご案内したというのが、山鹿灯籠まつりの由来です。
 お祭りの2日間を通して、山鹿の街中では奉納灯籠が飾られ、特別な雰囲気に包まれます。

img_0066
 2日目の今日は、メインイベントである「千人灯籠踊り」です。
 ご覧いただいた方も多くいらっしゃると思いますが、何度観ても幻想的で心穏やかになる踊りです。
 昨年は雨が降っていて中止になってしまい、県内外からの多くのお客さんをがっかりさせていまいましたが、今年はこの通り快晴に恵まれ、多くの方々とお祭りを見学する事が出来ました。

p1050512
 明後日からはいよいよ選挙戦に突入です。
 お祭りの場の中、「応援しとっけん、がんばらなんたい!」「身体に気をつけなんばい!」と、多くの方にお声をかけていただきました。
p1050521 

 真夏の選挙戦です。毎日応援してくださっている後援会や支援者の皆さん、スタッフの皆さんには、体調には十分気をつけて下さるよう、お願い致します。

p1050516

写真の奉納灯籠は、プラザファイブ南側に設置された、広島県の吉備津神社のもの。

Comments are closed.

三浦一水 六つの公約
リーフレットPDFダウンロード[1,213kb]

携帯QRコード

ほっとらいん 後援会報バックナンバー

ご意見・お問合せ

calender

2019年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

archives

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン